信用創造とは?

信用創造とは

銀行が、預金を元手に貸付を行い、見かけ上の銀行預金を増やし、また貸付を行うことを「信用創造」といいます。これは、銀行に信用があること、貸したお金がきちんと返済されることが前提の上で成り立っているシステムです。

 

 

信用創造の仕組み

預金の行方

私たちの多くは多額のお金を銀行に預けていますが、銀行はこの預金者のお金を元手に貸付を行っています。例えばAさんが銀行に1000万円を預けた場合には、そのうちの10%の100万円を支払準備金として残し、残りの900万円を貸付に回しています。

 

貸付金の創造

続いてBさんが900万円を借りたいと銀行に申し出たとします。そうすると銀行はBさんの口座預金に900万円と打ち込みます。そこで、Aさんの時と同様に、銀行はBさんの支払準備金として900万円の10%の90万円を残し、残りの810万円をまた貸付に回すことになります。

さらに、Cさんが810万円を借りたいと銀行に申し出たとします。そうするとBさんの時同様、Cさんの預金口座に810万円と打ち込み、支払準備金として810万円の10%の81万円を残し、残りの729万円を貸付金に回します。

 

まとめると以下の表のようになります。

貸付金、信用創造の仕組み

このように、貸付金の合計額2439万円を創造することができました。

信用があると、預金額が増え、貸付金を増やすことができ、貸付金に付与する金利によって利益が生まれていきます。

つまり誰かが借金をすることによってお金が創造されていくのです。これが信用創造の簡単な仕組みです。

 

 

信用創造に関するQ&A

Q例と同様、支払準備率が仮に10%だったとして、Aさんが預金額の1000万円を引き出す場合はどうなるのでしょうか?

A銀行はたくさんの人からお金を預かっているため一人が預金額全額の引き出しを求めても対応することはできます。しかし、銀行の信用が著しく損なわれ、多くの人間が引き出しを要求した場合は返済できずに破綻してしまいます。

 

Q信用創造によってお金が作られ続けたら、無限にお金が増え続け、インフレが起こってしまうのではないでしょうか?

A確かに誰かが借金をすることによって、お金が生まれますが、逆に返済をすると架空のお金は埋められるわけですから無限にお金が増えていくと言うことはありません。

 

Q無いお金をどうやって貸し出すことができるのでしょうか?

A貸し出すと言っても現金で渡すわけではないので、お金を借りる会社もしくは個人の預金通帳に数字を打ち込むだけで、支払いができます。銀行が預金通帳に1000万円と書き込めば、1000万円を貸したことになり1000万円の預金が発生したことになります。

 

Q現金として存在しているお金はほんの一部ということでしょうか?

A.世の中に出回っているお金の内、現金が約85兆円なのに対し、預金は530兆円と言われています。どれだけ多くの人が銀行にお金を預けているのかがわかると思います。

 

 

市場成長を前提とした上で信用創造が成り立っていることが問題

信用創造のシステムは企業や個人に融資してもきちんと返済してくれるという前提で成り立っています。そのため、不景気になり貸し倒れのリスクが高まると、銀行は貸し渋るようになります。貸し渋りが起きると当然ながら通貨の流通量は減り、景気がさらに冷え込むため、貸し倒れのリスクがさらに高まります。

このように信用創造のシステムは景気の変動により大きな影響を受けるため、成熟期を迎えた国では経済成長が見込めないため、信用創造のシステムによる通貨供給方法には無理があるのではないでしょか。

 

 

おわりに

世の中にあるお金が信用創造により生まれていることが理解できたと思います。一人一人がお金に対する知識をつけることで、お金に使われる人ではなく上手にお金を使える人になっていただきたいと思います。